購入時に保証が付いている中古車はあるのか?

中古車を購入したら、保証期間内で指定の走行距離を超えない限り、新車購入の際に付いていたメーカー保証を、そのまま継承できるでしょう。メーカー保証は、購入から3年または走行距離6万キロ以内に適用される一般保証と、5年または1万キロ以内の特別保証があります。一般保証は、消耗品以外の全ての部品の故障を保証し、特別保証はエンジンやミッションなどの枢要部分を保証します。ただし、メーカー保証を継承するためには、売主から保証書を受け取り、購入時にディーラーの点検を受けなければなりません。

メーカー保証とは別に、中古車販売店が独自の保証を付ける場合もあります。有料で最長10年間の保証を付けるところもあれば、無料で半年間ほど保証する販売店も少なくありません。中古車は新車に比べれば故障しやすいので、年式や走行距離に制限があるものの、販売店の有料保証は大変便利だと言えるでしょう。

メーカーや販売店の保証を受けられない場合

年式や走行距離の制限があり、メーカーや販売店の保証を受けられない場合には、外部保証サービスを利用すると良いでしょう。外部保証サービスには、修理の回数制限がなく、何回も追加費用なしに補修サービスを受けられるものもあります。利用回数に制限があるメーカー保証や販売店保証は、補修回数が多いと免責金が高くなることもあり、最初から外部保証を付けるという選択肢も有効でしょう。中古車販売店が、こうした外部保証サービスに加盟しているケースも珍しくありません。

年式の古いクルマや外車など故障リスクの高い車ほど、契約金が高くなるため、外部保証は保険に似たシステムだと言えるでしょう。比較的高い契約金を払えば、メーカーや販売店では保証してくれない古い車も、外部保証の対象となります。